墨筆士 小林龍人Ryujin Kobayashiオフィシャルサイト

龍神宿しサムライ書道アーティストSamurai Shodo artist Ryujin official site

🇯🇵about

墨筆士 小林龍人(りゅうじん)

埼玉県狭山市出身 神奈川県鎌倉市在住
生年月日 1976年7月31日 辰年 獅子座生まれ 
血液型 AB型 東洋大学 経済学部経済学科卒

趣味 サーフィン/音楽鑑賞/写真 特技 スノーボード(インストラクター経験あり)

日課 新型コロナウィルスの終息と、世界平和を祈り、毎日般若心経の写経と唱和を2019年5月から続けている。

略歴
東洋大学経済学部卒業後、1社を経て、渋谷の外資系マーケティングリサーチ会社に6年間勤務。ホームユーステスト調査部門を担当。

2006年、30歳の誕生日に同社を脱サラし、(小学生の頃5年間通っていた習字教室以来)20年ぶりに筆をにぎり、路上で言葉を描きはじめる。

長年、苦労するも、師匠との出会いで日本文化を学び、神事への意識へと変わる。
そして、
試行錯誤の末、墨、筆、の表現ポテンシャルを最大限に発揮するオリジナル書法を生み出し、独自のスタイルを確立。

無心で書くことでオリジナル書法から、作品内に龍神が複数顕れるようになる。

龍人(りゅうじん)の名付け親は、演歌歌手藤圭子さんの育ての親で、大御所作詞家の石坂まさを先生

2017年11月
海外での活動が評価され、民間の最高の褒章と称される 東久邇宮(ひがしくにのみや)文化褒賞を受賞。

2020年1月22日
「チャラリーマンだった僕が人生は宝さがしだと気づいたら、世界に羽ばたくサムライ書家になっていた」
サンマーク出版より初出版

書籍紹介ムービー

人生の師匠白石念舟先生と坂本龍馬の原書書軸と龍人

我が人生の師匠白石念舟先生

人生の師白石念舟先生は、茶道の道具商を五十年近くされてきた方で、日本文化にとても造詣の深い方でした。

先生の師匠は、文部省国宝鑑査官であり、文化庁主任文化財調査官をされた田山方南先生という方で、白石先生の文化力は、田山方南先生のDNAを引き継がれたものでした。

白石先生は、幕末の志士の原書書軸を二百幅以上コレクションされていて、僕は、とても貴重な書を間近で拝見し、感じる事ができました

これほどまでに、幕末の志士の原書書軸を間近で拝見し、息吹を感じた書家は他にいない

という自負があります。

白石念舟先生から受け継いだ侍魂を、書道ライヴパフォーマンス、作品という形で世界に発信していきます。

書道パフォーマンス前に放映で人気の殺陣動画